英語教育も大きく変わる2020年度:小学教員に英語専科教員増員

 

これまで2020年度の「大学入試改革」について話題になっていますが、当然のように大学にいくまでの教育自体も変わってきます。すでにその変化は中学受験や高校の学習内容に現れています。

>>>「英語の教育も大学入試改革で変わる、その影響とは?

公立小学校における英語専科教員の増員

2020年度から小・中・高の「学習指導要領」が変わり、そこに外国語(英語)に関する改善と指導目標が盛り込まれています。

小学校においては「英語教育の早期化」がポイントとなっています。そのため公立小学校において質の高い英語教育を担う「専科指導教員」を1,000人増員する方針です。今後2020年度までの3年間で今回の1,000を含め4,000人の増員が必要と見込まれています。

参考までに、、、東京都の英語専科指導教員の募集要項がありました。
東京都人事選考課 東京都公立学校教員採用案内より)

各都道府県でも案内があるはずなので、「都道府県名+英語専科教員募集」で検索してみましょう。

 

 

 

 

小学校の英語教育の変化は?

具体的に小学校においてどのように英語教育が変わるのでしょうか。

すでに2008年度から小学5、6年生において「外国語活動」としてスタートし、2011年度からは同学年で「必修化」となっています。小学生から英語は定着していますが、2020年度からは“早期化”によって学年が下がります。

  • 小学3、4年生:外国語活動
  • 小学5、6年生:英語の教科化

2020年度の本格導入と変化は、

小学3、4年生

2018~2019年度:15単位時間を確保し「外国語活動」を実施。
2020年度以降:「外国語活動」の新設
                      授業時間数が週1コマ増加(年間35単位時間)
                      聞く、話すを中心に英語に親しむ

小学5、6年生

2018~2019年度:15単位時間を加え外国語活動に加え「英語科」の内容を行う。
2020年度以降:英語を教科化(英語科)
                      週1コマだった外国語活動が週2コマの「英語科」に増加(年間70単位時間)
                      段階的に読む、書くが加わる

小学生といえどもなかなかハードなカリキュラムになっていく気がします。

サブコンテンツ

こんな記事もいかがですか?

One Response to “英語教育も大きく変わる2020年度:小学教員に英語専科教員増員”

  1. 浜崎 未来 より:

    専科教員導入に賛成です。6年児童を持つ親ですが、小学校担任が良いと考え方があると聞いて驚きます。他教科と合わせて片手間に担当するような甘い考えで臨まれるのは疑問です。英語嫌いな教師に教えられる児童は不幸です。せめて英語免許を持つレベルの方が教えるべきです。担任が児童を把握しなければと言う話題も上がっているようですが、英語の授業の打ち合わせより専科教員に児童を理解してもらう方が負担が少ないように思います。つまりそれ程英語を教えるには、指導者が深く考えてその上で楽しんで時間を費やし視野を広げて行く必要があると思います。教員が楽しまず不安にやる方が余程児童の時間、チャンスを奪いかねないと思います。担任がそれ程絶対だとは我が家の例を見ても思いません。専科教員担当することで、児童の変容も見られる可能性を考えて欲しいです。担任が把握出来ない一面が見える可能性もあると思います。ただでさえ日本の英語教育は不自然な英語です。英語は技術教科だと思いますのできちんと積み重ねた免許取得者が担当して欲しいです。小学校の教師の限界を知って行く事も大切です。教師は素直に取り組まれますが限界も考えあげないと、両方が不幸になると思います。

コメントを残す

このページの先頭へ