英語の教育も大学入試改革で変わる、その影響とは?

 

2020年の大学入試改革を前にその前段階の高校や中学、小学校でも英語に対する学習が変化する予定です。大学入試に関しては2020年から外部の英語能力テストの活用(国立大。私立はすでに導入)への移行が確実となっています。ここで重要になってくるのが具体的に英語のなにが変わるのかということですが、ポイントは『英語の4技能』です。

※英語の4技能:Readin(リーディング)、Listening(リスニング)、Writing(ライティング)、Speaking(スピーキング)

このことから求められる英語のレベルが変わってくるということになります。

何が変わる?英語教育の現場

都立高校の入試ではこの改革の英語を意識して受験科目に英語のスピーキングを導入する予定です。また英語の履修科目も新しく「コミュニケーション英語」、「英語論理・表現」、「英会話」という科目になります。これまでの「文法」や「読解」という表現がなくなっているのが分かると思います。これらの科目の中で総合的に英語の勉強をしようという試みです。

高校の英語教育は中学校、小学校の英語教育を通して学習するようになっているため、これらの英語教育も変わることになります。中学校では2021年から、小学校からの英語学習を前提にそれを発展させるかたちで目標が示されています。

その英語教育の出発点の小学校では2020年から小学3年生から正式なカリキュラムとして英語が導入されることになっています。小学3・4年で年間35単位5・6年で年間70単位時間の実施が予定されているということです。現在中学校では扱う英語の語数が1,200語に対して、これまで明確な目標のなかった小学校では600~700語程度の語数に触れることが期待されています。

これらの中、小学校での英語学習目標は、

「聞くこと」,「読むこと」,「話すこと[やり取り]」,「話すこと[発表]」,「書くこと」の五つの領域ごとに,「知識及び技能」と「思考力,判断力,表現力等」を一体的に育成する目標を設定しています。中学校の外国語科においては,複数の領域を効果的に関連付ける統合的な言語活動を十分視野に入れたもの。(文部科学省 学習指導要領より)

としています。

大学入試改革の裏で起きている新たな課題

大学入試からはじまって小学校に至るまで、英語の学校教育が大幅にかわるのがよくわかります。しかしながらここまで大きな変化だと、これまでの学習(学校)は“大学に入るため”の学習しかしていなかったということになりますよね?

さらには私立の中学校では入試に英語を取り入れる学校がではじめ、これも大学入試の変更を意識したものということ。そうなると使える英語というより受験英語に逆戻りしている気がしますが、「大学入試改革」の本来の目的はどこへ?と引き起こす連鎖が少々怖い気がします。

求められる英語のレベルは上がりますが、その分、生涯にわたって“使える英語”を学ぶ機会が増えたことはよいことだと思います。学校の学習だけでなく、いろいろな場で英語(外国語)を継続的に勉強する機会を見つけてみましょう。

サブコンテンツ

こんな記事もいかがですか?

コメントを残す

このページの先頭へ